仕事・お金・コミュニティ

グーグルが追いかけた“気球インターネット”の夢は終われど、それは決して「失敗」とは呼ばれない | WIRED.jpwired logowired logo 大空に浮かべた気球から世界中にあまねくインターネット接続サーヴィスを提供するという壮大なプロジェクトの終了を、グーグルの親会社であるアルファベットが発表した。この突拍子もないアイデアは商業的な環境の変化に抗えなかったが、決して「失敗」ではなかったのだとアルファベットの一部門「X」を率いるアストロ・テラーは言う。いったいなぜなのか──。『WIRED』US版エディター・アット・ラージ(編集主幹)のスティーヴン・レヴィによる考察。

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://wired.jp/2021/01/26/plaintext-alphabet-pops-loons-balloons/