ライフスタイル・ファッション

南部鉄器をアップデート 伝統工芸を「暮らしに溶け込ませる」 | 月刊「事業構想」2020年8月号 岩手県を代表する伝統工芸、南部鉄器。長年生活に密着してきた暮らしの道具は、今世界に価値が認められ海外からの引き合いも増えている。一方で、現場を担う職人は減り、課題もある。ものづくりと人材育成の双方で南部鉄器のアップデートを目指す、田山貴紘氏に聞いた。

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://www.projectdesign.jp/202008/area-iwate/008140.php