政治・経済・エンタメ・アート

「#MeToo」以降議論を呼んだ、芸術における女性の表現とは?|Society & Business|madameFIGARO.jp(フィガロジャポン) #MeToo時代以降、多くの絵画や彫刻などの芸術表現が、制作から何年も経ってから公判の対象となるようになった。エドゥアール・マネ作「フォリー・ベルジェールのバー」1881-1882年。Abaca2018年1月、ロンドンのマンチェスター・アートギャラリーの入口には、「本ギ…

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://madamefigaro.jp/society-business/220503-metoo.html