便利さ・テクノロジー

悪口を分析してブラック企業を改善する──匿名アプリ「Blind」のデータ戦略とは | FastGrow 匿名アプリが一時期流行した。切り口はそれぞれ違えども、自由に発言できるプラットフォームとして注目を集めた。しかし、今ではそのほとんどが人権保護団体からの圧力や社会のニーズにマッチしないことからサービスを閉じている。 数百万ユーザーを集めた匿名アプリでも、生き残っているのは数種類ほどである。そのひとつが、社会からの強い批判を受けつつも成長を続けている「Blind(ブラインド)」だ。

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://www.fastgrow.jp/articles/data-strategy-of-blind