便利さ・テクノロジー

人類はAIのような“超知能”が地上に満ちるための「橋渡し役」だった可能性はある:Anthropocene & Beyond #2 劉慈欣 いまぼくたちは、人類が地球環境や生態系に大きな影響を与える〈人新世〉の時代を生きている。地球のためのテクノロジーが、結局は「人間のためのテクノロジー」でしかないとすれば、その先をどのように描くことができるだろう? 人間中心主義のその先を考えるための本連載。『三体』三部作の著者として知られる劉慈欣は、「人類とは超知能が出現するまでの前奏曲かもしれない」と言う。(雑誌『WIRED』日本版Vol.35より転載)

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://wired.jp/2020/02/19/anthropocene-and-beyond-liu-cixin/