便利さ・テクノロジー

個人のデータを“支配”するグーグルと、「Chrome」の利便性を享受することの意味 ウェブブラウザーの世界で6割以上のシェアを誇るグーグルの「Google Chrome」。その使い勝手のよさが広く評価される反面、ブラウザーを通して個人情報を吸い上げて活用するというグーグルの手法は必ずしも評判がよくない。いまやその影響力は、市場シェアを武器に“都合のいいウェブ”を形成するためにも使われつつある。

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://wired.jp/2021/07/27/google-chrome-browser-data/