政治・経済・エンタメ・アート

コラム:来年の中国成長率目標、習氏の「権力」知る手がかりに 中国は、世界金融危機以降で最も重要な国内総生産(GDP)成長率目標を設定する態勢に入った。かつて経験がないような一連の経済的試練に直面する中国は、成長率目標を今年の「6%以上」から、不良債権問題の重圧が持続的にかかり続けることを意味する水準まで、大きく下方修正する意向を示唆している。

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://jp.reuters.com/article/china-econ-breakingviews-idJPKBN2J0087?il=0