健康・美容・食

温泉入浴で腸内細菌に変化 九州大、別府での研究を中間報告 | 毎日新聞 温泉の免疫効果を大分県別府市などと実証研究している九州大は15日、治験者40人のデータを基に「温泉には特定の病気のリスクを下げる効果がある」とする中間報告を発表した。来春までに計100例を集め、国際的な学術誌へ論文を発表するという。

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://mainichi.jp/articles/20211215/k00/00m/040/279000c