政治・経済・エンタメ・アート

2022年に世界経済はスタグネーションに陥る恐れ | ブルームバーグ 2022年後半までに世界経済が直面する最大のリスクはスタグフレーションではなく停滞(スタグネーション)の可能性があると、野村ホールディングスが指摘した。コストの上昇によって起こるインフレがまだ弱い内需に…

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://toyokeizai.net/articles/-/475688