仕事・お金・コミュニティ

警察庁は2022年2月から、北海道・千葉・京都・山口の4道府県で優良運転者の運転免許更新時の講習をオンラインで行う「オンライン更新時講習」のモデル事業を実施する。自宅のPCやスマートフォンで受講できるため、運転免許センターや警察署窓口の混雑緩和となる他、利用者にとっても大幅な時間短縮となる。同庁は24年度末以降、全国での運用を目指す。 警察庁によると、対象となるのは誕生日が22年2月1日以降で、4道府県に在住する過去5年間無事故、無違反などの70歳未満の優良運転者。受講にはマイナンバーカードが必要となる。最大で月約3万5000人が受講すると見込まれる。

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2112/10/news066.html