ライフスタイル・ファッション

酒に手を出した女性たち|こちら診察室 ちあきなおみの持ち歌に「ルイ」という落涙ものの曲がある。酒場に勤めていた気立ての良い女が、絵描きのたまごと恋に落ちる。女は仕事で、飲めない酒を飲んで男に貢ぐ。だが、男は絵の勉強のために一人でフランスに旅立つ。残された女は、深酒を重ねて死んでしまう。帰ってきた男は、ルイが好きだっ…

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://medical.jiji.com/column5/66