便利さ・テクノロジー

[第1回] 血液検査で「うつ病」を診断する時代へ うつ病などの精神疾患は、医師が患者から話を聞き取る問診を主軸に診断を下すもの。そんな決めつけはもう古いのかもしれない。「精神疾患も体の病気と同じように捉え、物質で解き明かしていく」との発想から生まれた新機軸の診断スタイルが注目される。

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/feature/00046/111700002/