政治・経済・エンタメ・アート

【11月30日 AFP】(更新)米ツイッター(Twitter)は29日、ジャック・ドーシー(Jack Dorsey)最高経営責任者(CEO)の即時退任を発表した。同社取締役会は、パラグ・アグラワル(Parag Agrawal)最高技術責任者(CTO)を新CEOに任命した。ドーシー氏は、来年の株主総会で任期が満了するまで取締役に留任する。ドーシー氏は、「ツイッターが創業者から離れる準備ができたと考え、退任する決断をした」と説明。後任のアグラワル氏については「ツイッターのCEOとしてのパラグに対する私の信頼は深い」とし、「彼が(会社を)率いる時だ」と述べた。米CNBCテレビはこれに先立ち、匿名の情報筋の話として、ドーシー氏の退任を報道。ナスダック(Nasdaq)はこれを受け、ツイッター株の取引を停止していた。

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://www.afpbb.com/articles/-/3378247?cx_part=top_topstory&cx_position=3