政治・経済・エンタメ・アート

日本ハムの指揮官に就任した新庄剛志監督の言うことは間違っていない。会見では「優勝は一切考えてない」と話していた。私は「物には順序がある」を持論にしている。新庄も優勝は当然狙うが、彼の中ではまだ課題がある選手が多い。このチームは1年では無理だから、あえてそう言っているのかもしれない。順序があることを分かっていたら大したものだ。あの体つきを見ても新庄はトレーニングしている。太っていない。いまの監督は横着で、われわれがやったように選手と一緒に走ることをしない。新庄ならそれができる。彼が今後、何をやるか。本当にチームが変わったら、いままでの監督、コーチは青ざめるだろう。指導者が問題なのは、選手がどうすればできるようになるかを教えない。ハウ・トゥ・ドゥを言えないのだ。

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=101-20211119-10