ライフスタイル・ファッション

「女の子はピンク、男の子はブルー」という固定観念は変化する:その移ろいを示す14枚の写真 「女の子はピンク、男の子はブルー」。消費主義社会に擦り込まれたこの固定観念の行く末に疑問を抱いた写真家のユン・ジョンミは「The Pink & Blue Project」をスタートさせた。2005年以来収め続けてきたピンクとブルーの世界は、子どもたちの成長に合わせてどのように変化していったのだろうか。14枚の写真から浮かび上がってきたこと。

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://wired.jp/2019/06/10/color-coded-childhoods-photo/