便利さ・テクノロジー

線虫で膵臓がん判別 尿1滴から、来年実用化へ:時事ドットコム 体長1ミリほどの線虫を使い、1滴の尿から早期のがんも検知する検査を実用化したベンチャー企業「HIROTSUバイオサイエンス」(東京)は16日、遺伝子改変した線虫を使い、早期発見が困難な膵臓(すいぞう)がんの判別に成功したと発表した。尿による簡便な検査で判別できれば、早期治療につながると期待される。同社は来年中の実用化を目指すとしている。

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://www.jiji.com/sp/article?k=2021111600757&g=eco