政治・経済・エンタメ・アート

高知に咲く、モネが憧れた「青い睡蓮」 フランス・ジヴェルニーにある「モネの庭」。画家モネは庭づくりに没頭し、代表作となる「睡蓮」シリーズを次々に生み出した。その「モネの庭」を再現した庭園が高知県にある。再現することにどんな価値が見いだされるのか、どのように庭づくりが行われているのか。庭園管理責任者で庭師の川上裕(ゆたか)氏に話を聞いてみると、その仕事は庭師特有のものではなく、グローバルに活躍するビジネスパーソンに共通するテーマや考え方がいくつもあった。

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://project.nikkeibp.co.jp/onestep/nextculture/00012/