政治・経済・エンタメ・アート

図解・テーパリング 米中央銀行の米連邦準備理事会(FRB)が3日(日本時間4日未明)、金融政策の転換点となる「テーパリング」を11月から始めると決めた。日本語で「量的緩和の縮小」と説明されるテーパリングについて、景気との関係や世界経済への影響と併せてわかりやすく解説する。FRBは金利を上げ下げしたり、マネーの供給量を調節したりすることで、雇用の最大化と物価の安定という使命の達成を目指す。FRBの金融政策の方針

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://www.nikkei.com/telling/DGXZTS00000420S1A101C2000000/