便利さ・テクノロジー

「死」は青い光を放つことが判明 死にゆく線虫に紫外線を当てて観察することで、死の過程で青い蛍光が放たれることがわかった。この光は次第に強くなり、死の瞬間に最大に達し、直後に消えるという。この研究は、細胞死遅延薬の開発に役立つ可能性もある。

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://wired.jp/2013/07/30/blue-cells-of-death-mark-the-end-of-a-worms-life/