仕事・お金・コミュニティ

教頭先生が58歳でカープ球団職員に転身! 夢を追い広島へ「全力尽くしたい」 高校で教えた統計学を生かし掲げる2つの目標 カープの球団スタッフになるため、夢を追って佐賀県から広島県にやって来た男性がいる。58歳での転身、異例の経歴の持ち主の熱い思いに迫る。カープの編成部で働く土井一生さん(58)。どんな仕事を担当しているのか?広島東洋カープ 編成部・土井一生さん:投球も打球も、今は科学的な視点でいろんな計測がされている。戦術や育成に生かせるようなデータとして整理しています試合や練習で得られた様々なデータを分析する仕事に携わっている。――いつからカープで働いている?広島東洋カープ 編成部・土井一生さん:2021年の…

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://www.fnn.jp/articles/-/259804