恋愛・子育て・家族

高校生「日本を捨てて海外大学」が激増の理由 | 東洋経済education×ICT | 東洋経済オンライン 現在、高校卒業後の進学先として、日本国内の大学ではなく、海外の大学へ進学する生徒が増加傾向にある。かつてはインターナショナルスクールや一部の私立高等学校を卒業し、海外の大学へ出願するというルートが一般的だった。しかし、今では選択肢が増え、さまざまなルートから海外の大学に進学する動きが活発化しているのだ。なぜ今、海外の大学への直接進学が増えているのだろうか。理由を探ってみた。

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://toyokeizai.net/articles/-/426167