政治・経済・エンタメ・アート

ポストコロナの時代に向けて、早くも米国のスタートアップが動き始めた 新型コロナウイルスのワクチンの接種が進む米国では、早くもポストコロナの時代を見据えた動きが出始めている。なかでも動きが顕著なのはスタートアップとヴェンチャーキャピタルだ。投資する側は“コロナ後”のトレンドを見据えて資金を投じ、スタートアップはビジネスモデルの転換や最適化によって環境の変化に適応しようとしている。

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://wired.jp/2021/05/12/silicon-valley-revs-up-for-hot-startup-summer/