健康・美容・食

代替肉の需要増に畜産業界が危機感、敵対する“自然派食品”の支持者たちと手を組んだ理由 植物由来のフェイクミートの需要が、コロナ禍を経て全米で急増している。こうした動きに危機感を抱いた畜産業界が味方として頼ったのは、“自然派”の食品を支持して加工食品や添加物に反対する「フードムーヴメント」の支持者たちだ。しかし、パンデミックとの闘いのさなかである現在、この共闘は見直されるべきではないか。

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://wired.jp/2020/12/25/foodies-and-factory-farmers-have-formed-an-unholy-alliance/