政治・経済・エンタメ・アート

百戦錬磨の渋沢栄一が「大久保利通は嫌い」な訳 | 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か 渋沢が人生のターニングポイントを迎えるきっかけとなったのが、大隈重信である。パリで江戸幕府の終焉を知った渋沢。帰国後、旧幕臣が明治新政府と函館で最後の戦いを繰り広げる中、渋沢は父にこう言っている。「…

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://toyokeizai.net/articles/-/420412