注目・発見・注意

東大卒業生たちが教える「勉強のキホン」――4分もあったら本を読めばいい – STUDY HACKER|これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディア 「勉強の必要性は重々わかっているのに続かない……」「勉強しているのに結果が出ない……」こんなふうに、勉強にまつわる何かしらの悩みを抱えている人は少なくないはず。そんなときは、日本の最高学府と言われる東京大学の学生や出身者たちの方法が参考になるかもしれません。ぜひあなたの勉強に取り入れてみてください。 【1】本を持ち歩いて「数分あったら本を開く」 勉強でまず大事なのは毎日継続すること。勉強の成果は一朝一夕では現れないからです。あなたがもし勉強を習慣にできていないのでしたら、手軽な「スキマ時間読書」から始めてみませんか。仕事に役立つ本を読んだり、参考書にざっと目を通したりするのも、立派な勉強ですよ…

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://studyhacker.net/studymethod-toudaisei-4kotsu