仕事・お金・コミュニティ

必ず結果を残すリーダーが「部下のモチベーションは上げなくていい」と断言する理由 成果が出るから意欲がアップする 創業以来ほぼ全員リモートワークという会社「キャスター」を経営する石倉秀明氏の下には、コロナ禍で企業・マネジャーから続々相談が寄せられるようになったという。葛藤する企業の姿から見えてきたのが、そもそも「多様な働き方をする人たち」のチームでパフォーマンスを上げることができない日本企業の現実だった。具体的に何が問題なのか、「マネジメント・シフト」をどう進めるべきなのか。近著『これからのマネジャーは邪魔をしない。』から特別公開する。(第2回/全2回)

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://president.jp/articles/-/44562?page=1