時間の使い方・学び・旅

自分で作ってみて分かる○○やすさ | にっぽん てならい堂 宮薗さんのワークショップは、まずスプーンを実際に持ってみるところから始まります。スプーン製作を始めたばかりの頃、宮薗さんは究極の一本を作ろうと励んでいました。 そしてある日、自分が一番持ちやすい渾身の一本を展示会に出したところ、「持ちにくい」と言われてしまったそうです。 それから宮薗さんは、「みんなにとっての究極の一本は存在しない。じゃあその人にあった一本を作りたい」と思ってオーダースプーンを作り始めました。 理由は指の長さだったり、持ち方の癖だったりしますが、人によって違うスプーンの「持ちやすさ」を探すために、最初にスプーンを持ってみるところが、今回のスタート地点です。 また、スプーンを削っていくうちに、あんな形がいいなとか、こんな形がいいなと、みなさんどんどんイメージというか、”欲”(笑)が出てくるようです。けれど、これも実際に口に入れるところを想像して、スプーンの「食べやすさ」を決める要素を意識しておく必要があるわけです。 何気なく使っている暮らしの道具に、そんなつくり手の「使いやすさ」や「食べやすさ」への試行錯誤が込められていることも、自分でつくってみて初めて気づくことかもしれません。 「使いやすさ」とは言い換えるなら「思いやり」。 宮薗さんのスプーンを見て、てならい堂は大切な人へのギフトに相応しい、思いやりを感じました。 そしてこの思いやりは、このワークショップに参加いただくみなさまのスプーンにもきっと宿るはずなんです。 だから、きっと誰かに贈りたくなるはずのスプーン作りのワークショップ。不器用?いや関係ないです(笑)。 一心不乱に木を削る時間、そのものがちょっと贅沢かもしれませんよ。 自分の理想の一本にちかづけるために スプーンあれこれ だんだんと口数が少なくなり、、、 木屑たちのステージ 木のスプーンコラム②「木のスプーンの魅力。考えたことありますか」 木のスプーンコラム③「スプーンに適した樹の種類って何でしょう」 木のスプーンコラム④「スプーンを使って森の循環に参加する」 ワークショップ詳細についてはこちら

つづきを読む(オリジナルサイトへ)

https://www.tenaraido.jp/ohanashi/1612miyazono_1/